科学

ODMを請負う専門業者に頼む~コスト削減の裏ワザ~

ブランド商品を開発する

初期投資額のリスク

工場

特定の分野で有名になった商品は、ブランド物として認知されるようになります。そのまま販売を続けても安定した利益を得られますが、顧客の開拓が進み難くなるのは否めません。理由は既に宣伝を行った事のある分野だからです。宣伝を行った上で商品を購入しないという選択をユーザーがしているため、何度も広報活動を行うのは得策ではありません。 だから全く無関係な分野に展開するという手段があります。ブランドの名前を与えた新商品を売り出すのです。ただし今まで扱った事のない商品を開発するためには、人材や設備を準備する必要があります。それらを準備する事には投資が不可欠です。投資が大きくなれば失敗した時のダメージが大きくなるというリスクが生じます。

開発代行業者の存在

開発代行を請負うOEMのサービスが流行しているのは、初期投資額を小さく出来るからだと言えます。設備と人材が揃っているOEMの業者に依頼すれば、コンセプトを取り入れた商品開発をするので安心です。OEMを請負っている業者が担当するのは開発のサポートと生産だけなのでリスクは小さいと言えます。双方のリスクマネジメントに効果的なのがOEMサービスの優れている点です。 最近では製造業だけを担当していた企業が、OEMの依頼を請負うようになっています。自社で開発した商品を大量生産しても、在庫を抱えてしまうリスクが大きくなっているからです。昨今の消費者の購入意欲を刺激するのは大変だと言われています。だから他社の依頼を請負う業務を担当する事が増えているのです。